動脈硬化改善のための食事(RAP食)レシピ編

動脈硬化改善のための食事(RAP食)とは

きゅうりと昆布の浅漬け風

材料

  • きゅうり 1本
  • 塩昆布  2つまみ〜3つまみ

作り方

  1. きゅうりを5ミリくらいに斜めにスライスする。
  2. 塩昆布をきゅうりにかけてまぜる。
  3. 出来上がり。

注)写真は完成イメージです

 

ささみのサラダ(棒々鶏)

材料

  • ささみ 3本
  • きゅうり 1本
  • トマト 1個
  • ノンオイルドレッシング

作り方

  1. ささみは筋をとる。
  2. きゅうりは細切り、トマトはスライスする。
  3. お湯を沸かし、沸騰したら1.のささみをじゃぼんと入れて火を止める。5分〜10分そのまま、10分だと少し長いかな…
  4. 時間がたったら、ささみをお湯から取り出し、粗熱が取れたら、手でささみをさく。
  5. 器にきゅうり、トマト、ささみをのせて、ドレッシングをかける。
  6. 出来上がり!

注)写真は完成イメージです

ゴーヤチャンプル

材料

  • ゴーヤ 1本
  • 木綿とうふ  一丁
  • ハム (ロースハムで、脂質が1番少ないもの。脂質が100gあたり0.5gとか1.3gとかのものがある)、もしくは既製品のチキンの胸肉のハムみたいなものでもよい。
  • 脂質については、「心筋梗塞再発予防のための「RAP食」に向く魚や肉の見分け方」も参照してみてください。

作り方

  1. とうふはキッチンペーパーで包み、しばらく置いておく。
  2. 材料を切る。
  3. ゴーヤは半分に切ってわたをとり、斜めにきる。
  4. ハムは短冊ぎりに。(胸肉のハムは食べやすい大きさにスライス)
  5. 豆腐は消しゴムくらいの大きさにきる。
  6. フライパンで豆腐を両面をやく。注)油は使いません。
  7. 焼き色がついたら皿に避難。
  8. ハム、ゴーヤを焼く、ゴーヤをフライパンにいれたら、ひとつまみの塩をかける
  9. ゴーヤがしんなりしたら、避難しておいた豆腐を入れる。
  10. 塩、胡椒を少々かけ、まぜる。
  11. カレー粉を小さじ1杯(お好みで量は増やす)いれて、混ぜる。
  12. 出来上がり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です