心筋梗塞を(再発)予防する食事療法(RAP食)~自分の心筋梗塞体験を通して~

心筋梗塞の予防や再発予防をするには、動脈硬化の改善が必須です。

心筋梗塞の再発予防は、動脈硬化が改善したりプラークが減少したりすることが必須です。

また、心筋梗塞の発症の予防にも動脈硬化が改善したりプラークが減少したりすることが大切です。

動脈硬化が改善したりプラークが減少したりする方法は?

真島消化器クリニック推奨の真島先生が推奨されている心筋梗塞を予防する食事療法(RAP食)しかありません。

詳細は「脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件」に書かれています。

動脈硬化を改善する食事(RAP食)は心筋梗塞予防法の食事でもあります。」や「現役看護師の心筋梗塞体験記(RAP食に出会うまで)」も参照してみてください。

心筋梗塞を予防する食事療法(RAP食)に取り組んでみて

RAP食に取り組み始めて約1年と6ヶ月たち、確実に私の動脈硬化は改善しました。

RAP食と並行して、4か月に1回真島消化器クリニックにて8ヶ所の血管エコー検査を受けています。

その血管エコー検査にて、血管内のプラークは減り動脈硬化が改善しているのです。

プラークについては、「分かりやすい動脈硬化 4.プラークの性状」を参考にしてみてください。

プラークの成り立ちについて説明した図

動脈硬化が改善すると体験てきることとは

「体調で変わったことといえば、:2007年7月は犬の散歩中に急に20mも走ると、かなり“息切れ“していましたし、また”強い肩こり”に悩んでいました。
しかし、頸動脈プラークが1.9→1.1mmへ改善した現在は、犬の散歩ではなく、犬と600mを朝夕ランニングしていますが“息切れしません”し、あの“強い肩こり”も消失しました。

脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法より

真島消化器クリニックの真島先生は、ご自身の動脈硬化の改善後の体験についてこのように述べられています。

RAP食(心筋梗塞予防のための食事療法)により、血管のプラークが0.8mm減ることは劇的な変化があるということです。

老化だと思っていた息切れや肩こりは、動脈硬化や血管のプラークによる可能性が高いということでもあります。

RAP食を実践しつづけて、息切れやや肩こりが改善すれば動脈硬化が改善したということでもあります。

動脈硬化が改善したということは、将来的に起こるかもしれない心筋梗塞の予防ができているともいえます。

血管のプラークについては、「分かりやすい動脈硬化 4.プラークの性状」を参考にしてみてください。

動脈硬化が改善していく様子について

下の画像は真島先生ご自身のプラークが改善していく過程のものです。

脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法にて公開されているものです。

頸動脈エコー

(頸動脈エコーで、頸動脈プラークが**mmの意味とその治療について。より

心筋梗塞を予防する食事療法(RAP食)は、再発の不安を打ち消すます。

心筋梗塞についてはわたしのように現場復帰できる人は多いと思いますが、再発の不安はなかなかなくなるものではないでしょう。

確実に心筋梗塞の再発を予防するためには、まずRAP食に取り組むことです。

RAP食をはじめることができれば、心筋梗塞の再発のリスクは減らすことができるはずです。

心筋梗塞の再発に不安におびえることなく、確実に心筋梗塞の再発を防ぐために今すぐにでもRAP食に取り組みましょう。

私もRAP食を実践し、血管エコー検査を受けた結果、プラークが減少してきています。

まったく心筋梗塞の再発の不安が消えたわけではありませんが、RAP食の実践は攻めの治療法であるとも感じています。

真島消化器クリニック受診と私の現在のRAP食(真島消化器クリニック受診編)」や「真島消化器クリニック受診と私の現在のRAP食(私の現在のRAP食編)」を参考にしてみてください。

心筋梗塞の再発を予防するために

  1. まず「脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件」をプリントアウトしてください。
  2. プリントアウトしたら始めから終わりまで、よく読んでみてください。最新の情報についても明記されていますから、忘れないように読んでみてください。
  3. RAP食に取り組み始めてください。「2年間の我慢で一生の五体満足が得られます。努力しましょう、するしかない」のですから。
  4. なかなかRAP食に取り組めないようでしたら、真島先生の著書「脳梗塞・心筋梗塞は予知できる」を読んでみてください。
  5. 脳梗塞・心筋梗塞は予知できる」と「脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件」を併せながら読まれることをお勧めします。
  6. それでも、迷うようなことがあれば、「お問い合わせ」フォームより私にお問い合わせください。

まとめ

食習慣の改善を前提としてプラークは改善しますが、血液サラサラ薬+脂質改善薬を如何に強力に使用しても、プラークの改善は望めないとと・・私の4年間の経験ですが。

真島消化器クリニックHPより

  • 「久留米は天国よりも近い」。なんといっても真島消化器クリニックを受診することが最善です!!
  • 心筋梗塞の再発の不安が少しでもあれば、確実に心筋梗塞の再発を防ぐために今すぐにRAP食に取り組みましょう。
  • 私はRAP食を実践し、プラークが減少し、心筋梗塞の再発のリスクも減少しています。
  • 心筋梗塞の再発の不安が消えたわけではありませんが、RAP食の実践は攻めの治療法であるとも感じています。
  • 心筋梗塞を予防する食事療法(RAP食)、すぐに結果が出るものではありません。結果を出すには最低でも4か月は必要です。ですから、真島先生の所への受診頻度は4〜6ヶ月なのです。
  • 速効性はなくても確実にプラークが減り動脈硬化が改善される食事療法です。
  • 心筋梗塞の再発の可能性がなくなる食事療法がRAP食です。

参考サイト

動脈硬化改善のための真島先生がイチオシのところてん

 

崎永商店のこだわりあご酢醤油ところてん

崎永商店HPより転載

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です