真島消化器クリニック受診と私の現在のRAP食(真島消化器クリニック受診編)

真島消化器クリニック

私の真島消化器クリニックの受診について

真島消化器クリニック

 

こちらでお知らせしたように、この3月に九州・久留米にある真島消化器クリニックを受診しました。

動脈硬化の元となるプラークの程度を真島先生の血管エコーにて検査を受けました。

真島先生の血管エコーについてはこちらの説明がわかりやすいです。

昨年の11月の真島先生の血管エコー検査の結果はおおむね良いといった感じでした。

しかし、油禁止とスイーツ禁止と酒禁止のRAP食を実践しているわりには、動脈硬化の改善は良いとはいえませんでした。

もう一度、RAP食を含め食事の内容を振り返ってみることにしました。

そうしてみてわかったことは、夜勤明けなどの疲れているときは少しくらいはいいだろうとスイーツを食べていたということでした。

昨年の7月の真島先生の血管エコー検査の結果は真島先生からほめられるくらい良い結果だったので、油断していたのです。

夜明け前

さらなる動脈硬化改善のために100%スイーツ禁止が必要

RAP食における油禁止、スイーツ禁止、酒禁止とはかなり大変な食事療法です。

てんぷらやフライなどの揚げ物や油を使った炒め物は、反RAP食ですがとても食欲をそそります。

身体的にも精神的にもストレスを感じているときなどは、甘いものは心まで癒される気がします。

ビールなどのお酒もストレスの発散にはなくてはならない気もします。

私の場合は心筋梗塞を経験しているので、そういったものすべてを断つことが必要なのです。

RAP食に慣れるということ自体が、かなりのストレスを感じます。

私がこの大変な食事療法を続けられているのは、心筋梗塞の再発予防、亡くなった父がなった脳梗塞の予防、母がなりかけている認知症の予防のためです。

それでも、夜勤明けなど身体的にも精神的にもストレスを感じているときには、スイーツ禁止はできていない時があったのです。

昨年の11月の真島先生の血管エコー検査の結果を受け、次回の血管エコー検査までは100%スイーツ禁止でがんばることとしました。

RAP食についてはこちら

スイーツ禁止

RAP食のほぼ完全な実施により動脈硬化がさらに改善した

揚げ物、炒め物、油を使用した食事類は、ほぼ100%食べない。

アルコール類は100%飲まない。

これらは、妻の協力もありほぼ100%実践できました。

スナック菓子、和菓子類、洋菓子などのスイーツについては、95%くらい食べないといった感じでがんばることができました。

そして、3月の真島消化器クリニックの受診結果は、動脈硬化の元となるプラークが退縮していました。

わかりやすくいうと、プラークが減り動脈硬化が改善していました。

RAP食にたいして真剣に取り組むかどうかが、動脈硬化の改善結果を変えるのです。

真島消化器クリニック受診と私の現在RAP食(私の現在RAP食)につづく

RAP食についてはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です