心筋梗塞を予防する食事とは

心筋梗塞を予防するには、動脈硬化を改善することが最優先されます。

動脈硬化を改善するためには、食事内容を変えることが必須です。

心筋梗塞を予防する食事について、お伝えしたいと思います。

現役看護師の心筋梗塞体験記(再発予防ためのRAP食に出会うまで)もご参照ください。

 

RAP食

 

心筋梗塞を予防する食事とは、何を食べないかが最優先される

動脈硬化とは血管内にプラークがたまることをいいます。

動脈硬化を改善するためには、血管内にプラークをためない食事をする必要がある。

つまり、心筋梗塞を予防するために、血管内にプラークをためないために、何を食べないかが最優先されるのです。

血管内のプラークについては、「心筋梗塞の再発を予防する食事RAP食(真島消化器クリニック推奨)」をご参照ください。

 

調理に油脂類を使わない

  • 煮物、蒸し物、素焼きはOKです!
  • 炒め物、揚げ物。油を引いて焼くのはNGです!

 

油脂類を含んだ食品は避ける

  • ご飯は、白米や玄米などはいずれもお勧めです。
  • そばやうどん、パンやパスタは、添加された油脂類や汁、具材に注意が必要です。

 

 

脂質の多い食材は避ける

100g中の脂質が3.5g以下の食材が推奨される。

  • 肉類=牛肉なら輸入物の赤身、豚肉ならヒレか赤身、鶏肉なら皮なしの胸肉かモモ肉などです。「肉類生の100g中の脂質量の一覧表」を参考にしてください。
  • 魚介類=脂質の少ない白身、赤身のマグロ、春獲りの初カツオ、ちりめんジャコ、エビ、カニ、タコ、イカなどです。「魚類の100g中の脂質量の一覧表」を参考にしてください。
  • 野菜類=アボガド以外は全般的にお勧めです。
  • 卵=全卵で1日1個の摂取を推奨です。
  • 乳製品=控えめにして、かわりに豆乳をとってください。

 

 

  • ケーキよりは和菓子です。ケーキなどの洋菓子は和菓子よりもプラークの原因となる油や砂糖を多く含みます。
  • お酒はビール換算で350ml/日までです。心筋梗塞の再発が気になる方はノンアルコールビールがおススメです。
  • こちら「「動脈硬化を改善するための食事(RAP食)について」もご参照ください。

心筋梗塞を予防するために、何を食べたら良いのか

心筋梗塞を予防するためには、血管内にプラークをためないために、何を食べないかが最優先されます。

何を食べないかを最優先した上で、何を食べたら良いのかをお伝えします。

 

  • 動脈硬化改善のための必須推奨食品の第1位はトコロテンです。
  • 動脈硬化改善のための必須推奨食品の第2位は豆乳ヨーグルトです。
  • 動脈硬化改善のための必須推奨食品の第3位は甘酒です。

 

 

 

まとめ

心筋梗塞を予防するには、動脈硬化を改善することが最優先されます。

動脈硬化を改善するためには、血管内にプラークをためないために、何を食べないかが最優先されます。

何を食べないかを最優先した上で、何を食べたら良いのかを実践することが必要です。

 

お問い合わせなどについて

  • 「お問い合わせ」はこちらからお願いいたします。
  • 「プロフィール」はこちらから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です