血管プラークという心筋梗塞の危険因子を減らす方法(真島クリニック推奨・RAP食より)

血管プラークという危険因子により心筋梗塞が起こるまでのイメージ

心筋梗塞に起り方についての考え方の変化があります。以前は動脈硬化が進むと冠動脈(心臓に栄養を送る血管)の壁にコレステロールが溜まり~中略~しかし今では、心筋梗塞の主として、プラークの破綻、破裂によって起るものと考えられています。冠動脈があまり狭くなっていなくても、何らかの原因でプラークが不安定化すれば破綻をきたしそこに血栓が付着し一気に詰まってしまい心筋梗塞を起こします。

心筋梗塞の再発予防に年に1度はマルチスキャンCT等の検査を受けたほうがよいかより

1.血管プラーク(油や脂のカス)がたまっているイメージ図

血管内にプラーク(油や脂のカス)がたまり血液の流れが良くない。

  • 血管プラークは、揚げ物、油炒め、霜降り肉、ケーキ、菓子類をたくさん食べることにより少しずつ血管内にたまっていきます。
  • 血管プラークは、高血圧、LDLコレステロール、糖尿病、肥満、たばこ、運動によりたまるものではありません。

2.血管プラークに何らかの原因でキズがついたイメージ図

キズができると生体反応としてキズをふさぐ力が発揮される

  • 血管プラークは、粥状(かゆじょう)硬化病変ともいわれています。
  • 血管内のプラークは、かゆという字の通りやわらかくキズのつきやすい性状のものであると思われます。

3.血管プラークのキズを治しはじめるイメージ図

  • 人の体は、皮膚などの体の外のキズでも血管内のキズでも、血小板が主となりキズを治そうという働きがあります。

4.血管プラークのキズを治すことはできたが血管が詰まってしまったイメージ図

心筋梗塞はこうして起きる

危険因子である血管プラークが血管内にたまらなければ、心筋梗塞も起こらないし心筋梗塞の再発も起こらない。

心筋梗塞に起り方についての考え方の変化があります。(中略)しかし今では、心筋梗塞の主として、プラークの破綻、破裂によって起るものと考えられています。冠動脈があまり狭くなっていなくても、何らかの原因でプラークが不安定化すれば破綻をきたしそこに血栓が付着し一気に詰まってしまい心筋梗塞を起こします。(以下略)

心筋梗塞の再発予防に年に1度はマルチスキャンCT等の検査を受けたほうがよいかより

  • 心筋梗塞が起こるのも、心筋梗塞が再発するのも心臓に栄養を送る血管の壁に、危険因子である血管プラークがたまることにより起こります。
  • 心筋梗塞の予防や心筋梗塞の再発予防には、血管プラークをためないことが一番なのです。

心筋梗塞が再発しない食事(RAP食)を実践することで、血管プラークが減っていくイメージ図について

1.心筋梗塞を起こす直前の血管プラークの様子

  • 血液の流れを表している図の真ん中の赤色の→の変化に注目してください。

プラークがかなりたまり血流が悪くなっている

2.心筋梗塞が再発しない食事(RAP食)を実践して6ヶ月の血管内のプラークの様子

  • 心筋梗塞を起こす直前の血管内のプラークの様子よりプラークが減っています。
  • プラークが減ったことにより、血液の流れが良くなっています。
  • 血液の流れを表している図の真ん中の赤色の→が少し太くなっています。

3.心筋梗塞が再発しない食事(RAP食)を実践して1年6ヶ月の血管内のプラークの様子

  • 血液の流れを表している図の真ん中の赤色の→がかなり太くなっています。
  • プラークがさらに減ったことにより、血液の流れがかなり良くなっています。
  • 私の体験をもとに作成したイメージ図ですが、最近は4階位までの階段であればほとんど息切れしなくなりました。
  • 心筋梗塞が再発しない食事(RAP食)を実践し続けた効果だと思います。

心筋梗塞を起こさない心筋梗塞が再発しない血管プラークをためない食事(真島消化器クリニック推奨・RAP食)について

血管プラークをためない食事(真島消化器クリニック推奨・RAP食)の3つのポイントとは

  1. 血管プラークの元となる油や脂を使った揚げ物や油炒めなどの料理は、できる限り食べないことです。
  2. 血管プラークがたまることに大きく影響するスイーツやお菓子類を、できる限り食べないことです。
  3. 血管プラークがたまることに最も大きく影響するお酒は、やめることです。

血管プラークが減少した実際の症例写真

  • 32歳 男性の血管プラークがRAP食により減少していく画像
  • 2010年8月の血管プラーク3.2mmが、2014年12月には半分以下の1.46mmまで減少しています。

リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です