動脈硬化改善のための食事(RAP食)基本編

動脈硬化改善のための食事(RAP食)について、

動脈硬化改善のための食事(RAP食)レシピ編動脈硬化改善のための食事(RAP食)推奨食品編をお伝えしました。

今回は、動脈硬化改善のための食事(RAP食)基本編をお伝えしたいと思います。

 

 

動脈硬化改善のための食事(RAP食)についての基本的な考え方

脂質制限も、魚介類や肉類、およびそれらの加工品に関してのみ、脂質量が少ない食材を適量摂取するように指導しています。

脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件より

 

動脈硬化改善のための食事(RAP食)では、油(脂)を控えることが推奨されています。

調理に油脂類を使わない

  • 煮物、蒸し物、素焼きはOKです!
  • 炒め物、揚げ物。油を引いて焼くのはNGです!

 

 

油脂類を含んだ食品は避ける

  • ご飯は、白米や玄米などはいすれもお勧めです。
  • そばやうどん、パンやパスタは、添加された油脂類や汁、具材に注意が必要です。
  • 添加された油脂類については、ソーメンは特に注意が必要。パッケージの裏の原材料名に油脂類が使われていないかのチェックが必要。

 

現役看護師の心筋梗塞体験記

 

脂質の多い食材は避ける

 

 

  • 野菜類については、アボガド以外は全般的にお勧めです。

 

動脈硬化改善のための食事(RAP食)の注意事項

RAP食は糖質制限食ではありませんし、肉禁止でもありません。RAP食は日進月歩で進化しています。

脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件より

 

 

動脈硬化改善のための食事(RAP食)では、料理での砂糖や人工甘味料の使用や甘すぎる果物やお菓子類を制限します。

料理での砂糖や人工甘味料の使用を制限し、甘すぎる果物やお菓子類(特に動物脂由来の成分や植物油脂の添加)も制限していますが、味噌・醤油・ポン酢・ノンオイルドレッシング・寿司飯などの砂糖添加品、新鮮な果物類を少々、などは制限していません。

脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件より

 

  • 動脈硬化改善のための食事では、「調理に油脂類を使わない」「油脂類を含んだ食品は避ける」「脂質の多い食材は避ける」ことが大切ですが、砂糖や人工甘味料も使いすぎないことが大切です。

  • 甘すぎる果物やお菓子類(特に動物脂由来の成分や植物油脂の添加)も食べないことも大切です。
  • お菓子類については、牛乳やバター、マーガリン、生クリーム、ショートニングの含まれたものは食べてはいけないので、ほとんどのスィーツはNGとなります。

 

  • 間食に炒り豆はOK!です!!

 

おやつには炒り豆が一番です。

 

動脈硬化改善のための食事(RAP食)においては、アルコール類も制限します。

 

ワインの多飲も禁物です。

 

ビタミンCには動脈硬化(プラーク)を改善させる働きがあるようです。

ビタミンC不足では、血管壁の細胞の密着する力が低下し(進行すれば出血しやすい壊血病に)、脳出血にも繋がる恐れがあるので、血管には必須の成分です。(中略) ビタミンCには動脈硬化(プラーク)を改善させる働きがあるようです。

脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件より

 

 

 

動脈硬化改善のための食事(RAP食)における例外的推奨食品とは

以前は、卵の1日1個は許容としていましたが、現在では血管の補強、脳細胞の栄養補給のためにも最低1個は食べていただく様にお話ししています。

脳梗塞・心筋梗塞にならない食べ方&プラークを低下させるための要件より

 

  • 卵の100g中の脂質量は10gほどありますが、例外的に推奨食品となっています。
  • 卵を食べるデメリットよりメリットの方が大きいということなのでしょう。
  • 私も1日1個は必ずいただいております。

 

 

 

まとめ

動脈硬化改善のための食事(RAP食)について、

動脈硬化改善のための食事(RAP食)レシピ編動脈硬化改善のための食事(RAP食)推奨食品編

に引き続き、動脈硬化改善のための食事(RAP食)基本編についてお伝えしました。

やれるところから、動脈硬化改善に取り組んでみてください。

 

お問い合わせなどについて

  • 「お問い合わせ」はこちらからお願いいたします。
  • 「プロフィール」はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です