動脈硬化改善のための食事(RAP食)推奨食品編

動脈硬化を確実に改善するためには、以下のことを控える必要があります。

  1. 油(脂)を食べるのを控えること。
  2. (空腹時の)甘いおやつを控えること。
  3. たくさんのお酒を飲むことを控えること。*ビールで換算すると、1日350mlまで。

 

今回は、控える食品(食事)ではなく、食べることを推奨される食品(食事)についてお伝えしたいと思います

動脈硬化改善のための食事(RAP食)レシピ編動脈硬化改善のための食事(RAP食)基本編もご参照ください。

 

控える食品(食事)については、動脈硬化を改善する食事(RAP食)は心筋梗塞(再発)予防法の食事でもあります。をご覧ください。

 

動脈硬化改善のための推奨食品 その1

崎永商店のこだわりあご酢醤油ところてん

崎永商店HPより

ところてん + 海藻(もずく、メカブ、ガゴメ、トロロこんぶ)

  • 動脈硬化を改善するためには、「崎永商店のこだわりあご酢醤油ところてん 」を毎日1パック(150g)、最低でも週に6回以上はいただきましょう。
  • 私のように心筋梗塞を経験したり、脳梗塞を経験された方は、毎日2パック(300g)を朝食と夕食に分けて食べると、動脈硬化が改善しやすくなり再発の予防になります。
  • 海藻(もずく、メカブ、ガゴメ、トロロこんぶ)には、動脈硬化を改善するマクロファージを活性化させるフコイダンが含まれていますので、トコロテンとあわせて週に3~5回程度はいただきましょう。

 

とろろ昆布の汁もの

 

  • 動脈硬化改善のための推奨食品 その1は、ところてん+もずくなどの海藻類となります。

 

 

動脈硬化改善のための推奨食品 その2

 

 

豆乳グルト + 甘酒 + ゴールデンキウイ

  • 豆乳グルトに150~200gに、ゴールドキウイ1/2個、甘酒15ml(大さじ1杯)を食後のデザートしとていただきましょう。可能であれば、ブルーベリーやイチゴ適量を追加して…
  • これらの量を朝夕の2回いただいてもよいです。というか私は食べています。
  • 甘酒は1日30mlまでです。

 

 

  • 動脈硬化改善のための推奨食品 その2は、豆乳グルト+ゴールドキウイ+甘酒となります。

 

 

 動脈硬化改善のための推奨食品その3

 

納豆 + 大根おろし

  • 動脈硬化を改善するために、自然の酵素が良いようです。
  • 納豆、大根おろしともに自然の酵素は豊富なようです。
  • 私は、毎日の夕食でいただいています。

 

 

  • 動脈硬化改善のための推奨食品 その3は、(夕食に)納豆+大根おろしとなります。

 

 

まとめ

2015年8月31日に急性心筋梗塞を発症した私が、動脈硬化改善のために食べている食品(食事)の一部を伝えさせていただきました。

これらは、私が受診している福岡県久留米市の真島消化器クリニックの真島先生が推奨されているRAP食にくわしく書かれています。

現役看護師の心筋梗塞体験記(再発予防ためのRAP食に出会うまで)も参考にしていただければ幸いです。

 

お問い合わせなどについて

  • 「お問い合わせ」はこちらからお願いいたします。
  • 「プロフィール」はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です